日焼け止めだけでは不十分!本当に正しい日焼けケア方法を紹介

毎年夏になると、たくさんの女性を悩ます「日焼け」。

対策をしっかりしていても、日焼けしてしまうという声が後を絶ちません。

日焼け止めを欠かさず塗ったり、昼間の外出は避けたりと、十分に予防しているはずなのに、なぜ日焼けしてしまうのでしょうか?

結論から言うと、その答えは多くの女性が間違った日焼け対策をしていることにあります。

実は、日焼け止めを塗ったり、紫外線を浴びないようにするだけでは、まだまだ不十分なんです。

今回は、そんな悩みを解決するために、正しい日焼けケアの方法や日焼け止めの選び方について解説していきたいと思います。

記事の後半では、体の内側から日焼けを予防できるサプリメント「リブランコート」についても紹介しますよ。

万全な日焼け対策をして、この夏を乗り切りましょう!

なぜ日焼けするの?

まず、日焼けを正しく予防するために、「なぜ日焼けしてしまうのか」おさらいしておきましょう!

日焼けをすると肌が黒くなりますよね。これは、紫外線を浴びていると皮膚の中にある「メラニン」という粒が増えるからです。

メラニンは、紫外線を吸い取って体の中に入り込むのを防いでくれる働きをします。紫外線を浴びる量が増えれば、それだけたくさんのメラニンが必要になるため、肌の色もいっそう黒くなります。

日焼けをすると肌が黒くなるのは、有害な紫外線から体を守る、一つの防衛反応だったのですね。

また、日焼けをすると肌がボロボロに剥けてしまいいますが、これはなぜ起こるのでしょうか。

その理由は、太陽の熱で皮膚が乾いてしまい、皮膚の細胞が死んでしまうからです。太陽の光でカラカラになった細胞は使いものにならないため、はがれてしまいます。

これは、やけどをした時と同じような状態ですので、日焼けしすぎるのは肌によくないでしょう。

日焼け対策をしても日焼けしてしまう3つの理由

日焼け止めの対策として、日焼け止めをしている人や肌の露出をひかえている人は多いのではないでしょうか。

それは間違った方法ではありません。しかし、その対策をしていても実際に日焼けは起きてしまいます。その理由は主に次の3つです。

・服で隠れた部分からも日焼けしてしまう。
・部屋の中でも日焼けしてしまう。
・眼からも紫外線は入ってくる

では、一つ一つ解説していきます。

理由1.服でかくれた部分からも日焼けする

日焼け対策に夏でも長袖を着ている方もいるのではないでしょうか。

これは、日焼けの対策としては有効な方法なんですが、「長袖を来ているから日焼け対策バッチリ」と安心してはいけません。

実は、服によっては紫外線を通しやすい物もあり、長袖を着ているからと言って必ずしも紫外線対策が出ているとは言えないのです。

特に、コットンや麻などの通気性の良い材質の服は、紫外線を通しやすく、服の上からでも日焼けをしてしまう可能性があります

理由2.部屋の中でも日焼けしてしまう

部屋の中にいれば安心!と思っている人には残念ですが、室内でも日焼けは起きてしまいます。

紫外線は室内にも容赦なく降り注いでおり、室内の窓側では外の3分の2ほどの紫外線が入ってきます。

また、日が当たらない場所でも、外の10分の1程度の紫外線が降り注いでいます。

紫外線は窓ガラスを簡単にすり抜けてしまうのですね。

家の中でもできる紫外線対策として、カーテンをUVカットの物に変えたり、部屋の中でも薄く日焼け止めを塗っておくのが効果的でしょう。

理由3.眼からも紫外線は入ってくる

紫外線は目からも侵入してきます。そして、目から入った紫外線は肌の日焼けを引き起こしてしまうのです。

何で目から入った紫外線で肌が焼けるの?と疑問に思いますよね。

眼から入った紫外線は角膜で炎症を起こし、その炎症が脳へと刺激として伝わります。

すると、体の防衛本能が働いて、肌の中でメラニン色素が生成されてしまうのです。

前述しましたが、メラニン色素が増えれば肌の色は黒くなってしまいますよね。

また、目に紫外線が入ってくると白内障や黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)といった目の病気が起きやすくなります。

なるべく目を紫外線から守るためにも、サングラスを着用したり、UVカット付きの眼鏡やコンタクトをつけるといいでしょう

日焼けを正しく防ぐ4つの方法

では、日焼けを防ぐために、実際に何をしたらよいのでしょうか。ここでは、具体的に4つの方法を紹介します。

・紫外線に当たらない
・肌を露出しない
・日焼け止めをこまめに塗る
・ 内側からケアをする

紫外線を完全に防ぐことは難しいですが、以上の4点を意識することでかなり日焼けを防ぐことができるでしょう。

では、順を追って説明していきます。

方法1.紫外線に当たらない

日焼けは紫外線によって引き起こされるため、まずは紫外線に当たらないことを心がけましょう。

と言っても、目に見えない紫外線を避けるなんて難しいですよね。

そこで、なるべく紫外線に当たらないために、大事なポイントを紹介します。

・午前10時~午後2時の外出を控える
・外出時は日傘をする

まず、紫外線の量が1日の中で最も多くなるのが午前10時~午後2時の間です

なんとこの4時間で1日に降り注ぐ紫外線の量の半分以上が降り注ぐといわれています。

ですから、この時間はなるべく家やお店など、建物の中にいるようにしましょう。

ただ、どうしても外出しなければならない場合も出てきますよね。そのような場合は、なるべく日傘をするといいでしょう

紫外線は地面や建物に反射するため、完全に防ぐことはできませんが、直接降り注ぐ紫外線を抑えられるだけでもかなり効果が期待できます。

方法2.肌を露出しない

服を着ていても紫外線は肌まで到達すると前述しましたが、それでも肌を露出しないのは有効な日焼け対策であることに間違いはありません。

特に、ポリエステルやウールなどの材質は紫外線を通しにくいため、日焼け対策として着るのには最適です。

一方で、コットンや綿は薄手で生地も荒いため、紫外線を通しやすいと言われています。

もし、コットンや面を着る場合は、服の下にも日焼け止めを塗っておくことをおすすめします。

方法3.日焼け止めをこまめに塗る

日焼け対策として重宝するのが日焼け止めですよね。

しかし、一度日焼け止めを塗ったらそのまま塗りっぱなしという人は多いのではないでしょうか。

日焼け止めの効果を最大限に発揮するために、日焼け止めはこまめに塗りなおす必要があります。

なぜなら、日焼け止めは汗や皮脂によって少しずつ流れ落ちてしまうからです。

日焼け止めを塗りなおす頻度は2~3時間ごとが良いと言われています。

化粧を塗っている人は、パフに日焼け止めをつけて塗りなおし、その上にもう一度ファンデーションを塗るとよいでしょう。

また、スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めなら化粧の上からでも簡単に日焼け止めを塗ることができます。

これらの日焼け止めについては、のちに詳しく説明します。

方法4.内側からケアする

日焼けに関しては外側からのケアばかりに目が行ってしまいますが、意外と大事なのが内側からのケアです。

内側からの予防として効果的なのが、抗酸化作用を持つ食材を食事で摂取することです。

特に、トマトやニンジンといった赤い食材は抗酸化成分を多く含んでおり、日焼けによる肌の老化やシミを防いでくれる効果が期待されています。

なお、本記事では抗酸化成分を手軽にとる方法として、日本で話題のサプリメント「リブランコート」を紹介しています。

日焼け止め種類と効果的な使い方

日焼け予防に効果的な方法を4点説明しましたが、ここからはその中でも重要な「日焼け止め」について詳しく説明します。

皆さんは日焼け止めを何となく選んでいませんか?

日焼け止めはクリームタイプやスプレータイプ、パウダータイプなど様々な種類のものが販売されています。

それぞれの日焼け止めで用途に合った、効果的な使い方がありますので、一つ一つ紹介していきます。

使い方ひとつで、日焼け止めの効果を変わってきますので、ぜひ参考にしてください。

クリームタイプ

日焼け止めと言えばチューブに入ったクリームの日焼け止めを想像する人も多いかと思います。

クリームタイプの日焼け止めは、水分と油分を混ぜ合わせて、皮膚の上に保護膜を作ることで日焼けを予防してくれます。

使い方は、500円玉ほどの量を手に取り、あご、鼻、両頬、おでこに等分してのせて、顔の中心から外側に向けて塗り伸ばしていきます

首やうなじ、耳など細かい部分に着けるのも忘れないようにしましょう。また、化粧をする方は、下地を塗る前に日焼け止めを塗るようにしてください。

クリームタイプのメリットは肌への密着性が高く、汗や皮脂で落ちにくいことです。保湿性も高く、肌のケアとしても優れています。

しかし、保湿性が高いがゆえに、べたべたして落としにくいというデメリットがあります。

クリームタイプは、肌に密着生が高いため日焼け止めの効果も大きく、日差しが強い時期や野外での活動が多いときに役立ちます。

スプレータイプ

スプレータイプは細かいミストタイプの日焼け止めです。使いやすいという声も多く、最近はよく出回っています。

スプレータイプは必要なところに一吹きするだけで使うことができます。

頭皮にも使うことができるため、クリームタイプではカバーできない頭の日焼けも予防することが可能です。

また、メイクの上からもかけれるので塗り直しが非常に簡単です。

しかし、スプレータイプはムラができてしまい、きちんと紫外線をガードするのには向いていません。効果もクリームタイプなどに比べると、そこまで強くないというのがデメリットです。

スプレータイプはちょっとした外出や、クリームタイプでカバーできない部分の補填として使うのが良い使い方でしょう。

パウダータイプ

パウダータイプの日焼け止めは、メイクの仕上げや、直接肌に日焼け止めを塗れない敏感肌の人に良く使われています。

パウダータイプのメリットは、メイクの上からでも簡単につけることができ、化粧直しや塗り直しとして使えることです。これらのメリットは女性にとってとてもうれしい内容でしょう。

しかし、パウダー状ですので落ちやすく、長時間の使用には向いていないというデメリットがあります。また、体全体に使うことも難しいため、クリームタイプなどと併用して使うのがおすすめです。

日焼け止めを選ぶ2つのポイント

種類ごとに日焼け止めを説明していきましたが、日焼け止めを選ぶ際、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。

ここからは、日焼け止めを選ぶときに大事な2つのポイントについて紹介していきます。

ポイント1.効果が高いか

一つ目の大事なポイントが、日焼け止めの効果についてです。せっかく買ったのに効果が弱ければ意味ないですよね。

なるべく効果が高い日焼け止めを使いたいという人は「SPF50+、PA+++++」というボトル表記の日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

SPFやPAという表記は、日焼け止めの容器に記載されている、日焼け止めの効果を表す表記です。よくわからないという人に向けて、簡単に解説しますね

この2つの表記を説明する前に、まずは紫外線の種類について説明します。

私たちが普段浴びている紫外線は、UVAとUVBという2種類の紫外線です。UVAとは、肌の奥深くの真皮層まで届く紫外線で、シワなどの原因となります。

一方、UVBとは、肌の表面の表皮層という部分に作用し、メラニンを生成させたりする原因となります。

この二つの紫外線を、どれだけ抑えてくれるかが、先ほど説明した「SPF」や「PA」という表記になります。

SPFとは、UVBを抑える効果を示す指標です。例えばSPF20 という表記があったら、素肌の状態で受けるUVBの20分の1まで紫外線量を抑えることができるという意味になります。

また、PAとはUVAを抑える効果を示す指標で、PA+のように+の数が増えていくほどその効果は高まります。

そこまで高い効果の物は要らないという人に向けて、場面ごとの使い分けについて図にまとめたのでご覧ください。

ぜひ、商品の表記を確認して、使用用途に合った効果の日焼け止めを選ぶようにしてみてくださいね。

ポイント2.肌に優しいか

日焼け止めを選ぶ際に大事なもう一つのポイントが、「肌に優しいか」です。

先ほど、日焼け止めを選ぶ際には効果を見ることが大事といいましたが、効果が高ければいいというわけではありません。

日焼け止めの効果が高いものは、それだけ肌に負担をかけてしまいます。SPFやPAが高い日焼け止めを使うと、人によってはアレルギー反応や炎症が起きてしまう可能性があります。

ですから、自分の使う場面を考えて購入するとよいでしょう。

また、日焼け止めは肌を乾燥させてしまう恐れがあります。そのため、乾燥が気になる方は保湿成分や美容成分を含んでいるものを買うと、肌への負担も軽減されるでしょう。

日焼け止めを使うことが多い人は、肌への優しさも十分配慮して日焼け止めを選ぶようにしてください。

内側からのケアには「リブランコート」がおすすめ!

日焼け止めや長袖の着用などで、かなり紫外線は抑えることができますが、さらに徹底した日焼け対策をしたいならば内側からのケアが必要です。

内側からのケアとしては、抗酸化物質を多く含むトマトやニンジンなどを積極的に食べるとよいでしょう。

ただ、もっと簡単に効果的なケアをしたいという方は、サプリメントを飲むことをおすすめします。サプリメントを使えば、日焼け対策に有効な成分を、どこでも簡単に飲むことができます。

そこで、今回はおすすめのサプリメントとして、日本で話題のサプリメント「リブランコート」を紹介したいと思います。

日本で人気の「リブランコート」とは

リブランコートは、日焼け止めではできなかった内側からの日焼けケアができるサプリメントです。

リブランコートには、紫外線対策としてビタミンCの600倍の効果を誇る、フラバンジェノールが含まれています。

この成分は、フランス南西部の強力な紫外線が降り注ぐエリアの樹脂が、紫外線から身を守るために作るといわれています。

フラバンジェノールの紫外線に対する効果は研究でも認められており、紫外線対策として強い味方になるでしょう。

また、日焼け対策だけでなく、ビタミンACEやプランセンタ、ヒアルロン酸など、美容に効果的な成分が多数配合されており、女性のキレイを内側からサポートしてくれます。

リブランコートが人気の理由

リブランコートが日本で人気の主な理由は、紫外線、美容、栄養の3つに効果が期待できるという点です。

リブランコートには主に次のような成分が含まれています。

・栄養満点のスーパーフードを6種類配合
・紫外線対策に効果的なフラパンジェノール
・高級美容成分のプラセンタやビタミンACE等

紫外線対策はもちろんのこと、美容にも効果がある成分が凝縮されており、お客様満足度でも91%という高評価を受けています。

これらの理由が口コミで広がり、日本でも人気の紫外線予防サプリメントになりました。

まとめ

紫外線対策として重要なポイントは外側からのケアと内側からのケアを徹底することです。

肌を露出しないことや、用途に合った日焼け止めを使用することで、外側からのケアは十分行えます。

しかし、どんなに外側からのケアを行っても、紫外線を完全に避けることは難しいでしょう。

そこで、内側からのケアとして、ぜひ今回おすすめした「リブランコート」を使ってみてださい

外側と内側の両方のケアが十分できたら、日焼けに悩まされることはきっとなくなるでしょう。